マルベリーブログ

富山から富山愛を語るブログ。ウェブショップでは地元富山のデザイナーズ家具・リプロダクト家具・インテリア雑貨・金属雑貨の販売も行っています。

ポートラム・セントラム・サントラム!富山県民も間違えるやたらファッショナブルな市内電車たち。

      2016/04/26

北陸新幹線も開通し、最近めっきり活気づいてきた富山。
そんな富山に、とてもファッショナブルな市内電車が走っていることはご存知だろうか?

ポートラム

画像提供:富山県観光連盟

澄み切った青空の下を、オレンジとホワイトでコーティングされたシャープなボディが悠然と走る様。
まさにファッショナブル。
これは富山駅北から岩瀬浜までの約7.6kmを走る路面電車、ライトレールの「PORTRAM(ポートラム)」の車両です。
ちなみに、車両のカラーはレッドやパープル・ブルー等もあり、全部で7色あるみたい。

富山は路面電車が多い街で、ポートラムの他にもファッショナブルな路面電車がたくさん走っております。
昔は「ちんちん電車」「市電」といっていたものですが、
最近はセントラムやらサントラムやら、たくさんでてきて、
富山県民も既になにがなにやら把握できていない状態…

そこで、よく聞くみんなあやふやに覚えている紛らわしいワードを下記で簡単に説明すると…

 

■ポートラム
富山駅北から岩瀬浜までを走る路面電車。
ちなみにポートラムという名前は、「ポート(港)」+「トラム(路面電車)」でポートラムと名付けられたようです。
富山駅から、海に向かって走る列車にピッタリのお名前♪
富山ライトレール株式会社が運営しています。

■セントラム
富山駅からグランドプラザ前や電気ビル前を通り、また富山駅に戻ってくる環状線を走る電車。
富山の中心部をぐるっと一周するので、観光に便利。
車両はポートラムと同じものを利用。
セントラムという名前は「センター(中心)」+「トラム(路面電車)」でセントラムと名付けられたようです。
富山駅から、西町を経由してまた富山駅に戻るという、
まさに富山の中心部をぐるっと一周する路面電車です。富山地方鉄道株式会社が運営。

■サントラム
平成22年に、富山駅から南富山駅および大学前行を走る、既存の路面電車に導入された
新しいデザインの車両。3両編成となっています。
3両編成の「3」、富山市内「3」番目のLRT車両、太陽の「sun」など
複数の意味が名前に込められているようです。富山地方鉄道株式会社が運営。

 

ポートラム

↑ポートラム 画像提供:富山県観光連盟

 

セントラム

↑セントラム 画像提供:富山県観光連盟
(雪の中を、文句を言わずみんなを目的地に連れて行ってくれるセントラムの姿に涙。。。)

 

サントラム

↑サントラム
電車とカメラの距離が近すぎて、全部写りきらなかったよ、、でも3両編成となっています。

 

そして、高岡市にもファッショナブルな路面電車が。

万葉線

画像提供:富山県観光連盟

どこかのヒーローを連想させるような真っ赤なボディ。
これもファッショナブル。
ちなみにこれは、高岡駅から海王丸パークの方までを走る路面電車「万葉線」です。

万葉線ではこの真っ赤な車両の他にも、ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄氏が富山県高岡市で生まれて、少年時代を過ごしたことにちなんで、真っ青なドラえもんカラーの「ドラえもんトラム」も走っています。
ドラえもんトラムは2018年8月末まで運行しているようですが、走っていない時間帯もあるようなので、
運行スケジュールはホームページで確認していくのがベストかも。

万葉線ホームページ

 

 - 富山あれこれ, 富山情報